« アメリカ経済 | トップページ | :趣味など »

2006年7月11日 (火)

白桃

庭の小さな桃の木に実が付きました。桃の仲間は、ほかにプラム、ソルダム、ネクタリンがありますが、白桃が一番早く熟したようです。

Dscf1310

ホントに小さな木で去年からなり始めしました。

しゃがんで写しましたので、丈が高そうに見えます。

クリックすると拡大されます。

 午前中は健康に関する「つぼ」刺激や呼吸についてのお話を聞きました。

自分の健康は自分で守る。「週末断食友の会」と言うのが有るそうです。

金曜の朝から断食をスタートさせ土曜日1日飢えと戦う。日曜の朝食が断食解禁で、メニューは、おかゆ、味噌汁、つけもの、とのこと。このときのおかゆが、ホントに美味しいそうです。

 人類の歴史は、飢餓との戦いでした。その体内システムが今も残っていて余剰な食物は脂肪としてせっせと蓄えようとします。このため生活習慣病が引き起こされ手いるわけです。

 たった二日間ですが、体を一時的に飢餓状態に置くことで、危機感を覚えた体は目覚めます。内臓が、活性化し、心もリフレッシュするそうです。

|

« アメリカ経済 | トップページ | :趣味など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66024/2608843

この記事へのトラックバック一覧です: 白桃:

« アメリカ経済 | トップページ | :趣味など »