« 縁 | トップページ | 投資顧問 »

2007年8月29日 (水)

いじめ

 学校では、体罰は禁止、運動会でも順番をつけないとか、いかにも優しそうなやり方だが、生徒間は大勢で一人をいじめるとかいった事が後を絶たない。痛みが全全判らないもののやり方に思えます。

 こういった最も卑怯な行いに対して、卑怯とは何かもわからないのではと思えてしまいます。親の世代がそもそもこんな環境で育ってきたので、何かといえば学校に文句をいい、給食費を払わない親、保育費を払わない親とか、理解に苦しむ。

 今の親の世代からおかしな教育が行なわれて来た様な気がする。全ての人が可笑しくならないのは家庭の教育のなせるわざと思うが、それの出来なかった家庭からは、理解の出来ない行為をする子が出るのではないか。

 終戦までの教育は、戦後批判を浴びたが、今よりはもっと人間的であったと思う。基本に人間対人間のつながりがあった。つめこみが悪いとか言われるが、覚えなければならないもの、覚えてしまったほうが役立つものは覚えるしかない。詰め込み反対はややもすると、努力を怠り、人を怠け者へと向かわせたりしそうです。人は安易なほうへと流れやすい。

 昔の人の道徳観、倫理観は昔の修身教育にあったような気がする。

|

« 縁 | トップページ | 投資顧問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66024/7720682

この記事へのトラックバック一覧です: いじめ:

« 縁 | トップページ | 投資顧問 »