« ツイッターから2 | トップページ | ツイッターから4 »

2010年12月 8日 (水)

ツイッターから3

70年前の日本、私が物ごころついてみていた物は其れでした。だから50代で多くの人が脳溢血で倒れたりしたし、他にも栄養不足で、体を壊す人が多かったです。何しろ病気に対する知識なし、栄養に関する知識なし、お金なし。乃状態でした。

posted at 14:12:57

70年前くらいはお医者さんに見てもらうのは贅沢でした。無駄なお金なぞ使えなかったのです。ですから、そのころは、お医者さんの往診を頼むと近所の話題になりました。あそこへはお医者さんが来たそうだ、相当に悪いに違いない、という具合。

是が言いたいところなんです。田舎の隠居老人と言うと長閑で、良い家族に守られて、良いきずなの中で暮らしていたといった、幻想。違ったんですよ。病気になると自殺する人がいました。また、若夫婦との折り合いが悪くて自殺する人もいました。そういうのを知っています。

posted at 14:28:08

|

« ツイッターから2 | トップページ | ツイッターから4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66024/38001924

この記事へのトラックバック一覧です: ツイッターから3:

« ツイッターから2 | トップページ | ツイッターから4 »