« 呟き編集 | トップページ | ツイッターから2 »

2010年12月 8日 (水)

ツイッターから

70年前、私は小学校に入ったところ、まあ物心ついたところです。当時農村では、大体3世代同居です。平均的に、小1子供の父親は30代。そして、祖父は60少し前位い。当時60歳近い人は凄く老人に見えた。昭和16年が小1で大東亜戦争が始まった年。此のころ健康に関する知識はあまりなかった。

posted at 13:37:06

栄養に関する知識もあまりなかった。食事はみそ汁に漬けものが中心。ご飯は麦の多くはいった物。農作業はもっぱら手作業で、農繁期は暑い季節が中心ですから重労働。汗だくで仕事しますから、塩分の補給が必要で、塩分の多い食事になります。そして高血圧になる人がかなりいました。

posted at 13:44:13

当時は今のように降圧剤は普及していませんし、血圧計も今のように家庭にある状態ではありませんでした。第一、お医者さんに見てもらうことは重病でもなければありませんでした。医療費は健康保険もない時でしたから、かなりの負担でした。そんなわけで、脳溢血で倒れる人もいました。

posted at 13:48:55

|

« 呟き編集 | トップページ | ツイッターから2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66024/38001867

この記事へのトラックバック一覧です: ツイッターから:

« 呟き編集 | トップページ | ツイッターから2 »