« 1月28日の日記 | トップページ | 2月1日の記 »

2011年1月30日 (日)

1月30日の日記  ツイッターから

数寄屋橋、私の世代には懐かしい地名である。昭和27年NHKのラジオドラマとして放送された菊田一夫氏の「君の名は」の舞台として登場した。空襲の最中出会った男女が、再会の場所として決めた場所であった。今はその様は変わって、、http://ow.ly/3MrLt

私の記憶では、「君の名は」のヒロイン氏家真知子の両親は、空襲で亡くなったように思う。ラジオ放送が昭和27年であったから、当時としてはそういう設定が真実味を持っていた。両親がいなくなり、佐渡の伯父のところに身を寄せることになった。そういう立場の人は、戦争中にかなり生まれた。

「君の名は」はその後映画化された。昭和28年岸恵子さん、佐田啓二さん主演で。その後も何度か映画、テレビのドラマ化があった。でも時代が過ぎるにつれて、見る人達の感じは違ってきたと思う。空襲の経験や、身内が空襲で亡くなるという人たちを見てきた経験のある人が少なくなって。

今日の朝飯。

002

|

« 1月28日の日記 | トップページ | 2月1日の記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66024/38665726

この記事へのトラックバック一覧です: 1月30日の日記  ツイッターから:

« 1月28日の日記 | トップページ | 2月1日の記 »