« 息子の誕生日 | トップページ | 懐かしのメロディ »

2011年12月21日 (水)

世論操作にてもなく乗る人

cloudいつの時代も、既得権益を守ろうとする人はいる。この人達はいいように世論操作する。まじめで、素直で、しかし、幅のない人は、これらの操作にてもなく乗り、是等の人の味方につく。

 

 その自覚がないまま、反対側の人を非難したり、被害を与えたりする。加害者の意識がないまま。自分の考えならそれでもいいが、利用されている事に気がついたら、どう思うのか。

多分自分は被害者だったと思い、加害者であった自分を反省すまい。是は戦中の国民の姿であった。利用する側は自分の利益のためであるから、その自覚ははっきりしている。

が利用された側は、なにも利益を得ていない。それゆえ自分は被害者だと思えるのだろうが、無駄に人に被害を与えた事位判るようである大人であらねば、又又だまされるのだ。

そして本人がだまされるのは構わないが、人に被害を与える人になるのだということの自覚がほしい。

|

« 息子の誕生日 | トップページ | 懐かしのメロディ »

コメント

キクコさまの鋭い筆には常に感服しています。
ブログを拝見いたしましたが、たまたまこんなものを見つけたところでしたので、ご参考になればとリンクいたします。
若輩者ゆえ、伊丹万作さんの事は知りませんでしたが、こういう考え方の方が、当時もいたという事はとても発見です。

戦争責任者の問題 伊丹万作
~「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである~
http://www.aozora.gr.jp/cards/000231/files/43873_23111.html

投稿: Tomo Inagaki<@Tomonano> | 2012年1月 4日 (水) 11時19分

ミゾイキクコ様
はじめまして、長谷川雅一と申します。
東京都大田区に住む、58歳で普通の会社員です。
図書館で「週刊東洋経済」9月3日号64頁の記事に出会いまして、このブログを拝見しました。

過去記事のうち「世論操作にてもなく乗る人」というテーマに惹かれまして、拝読しました。含蓄を感じながら読ませて頂きました。程良い長さの文章でしたので、好感を持ちました。ご意見にも共感します。

それ以外に私が感じましたのは、既得権益を守ろうとする側の力が強大な場合に、戦時中だけでなく現在でも、てもなく騙されて反対側の人を非難したり、誹謗中傷する方々が多いように感じます。

blogやtwitter、facebookはこれらの悪循環を断ち切る力があるように思えます。是非、これからも頑張って下さい。
有難う御座いました。

投稿: 長谷川雅一 | 2012年1月13日 (金) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66024/43455331

この記事へのトラックバック一覧です: 世論操作にてもなく乗る人:

« 息子の誕生日 | トップページ | 懐かしのメロディ »