« 夫の入院 | トップページ | 久しぶりにブログを始める »

2015年10月 9日 (金)

夫の葬儀会場

  2015年7月17日夫秀昌がなくなった。20日告別式。会場は東松山のメモリード。

  私が喪主を務めた。

Img_5486_convert_20151009103547 

Img_0122_convert_20151009104713
                        自宅祭壇

                   葬儀の後、東松山斎場で火葬。

|

« 夫の入院 | トップページ | 久しぶりにブログを始める »

コメント

ミゾイキクコさま


突然のご連絡、失礼いたします。私は、東京の出版社にて、書籍の企画・編集をしている者です。ウェブ上につき名乗らぬ失礼、そして突然こちらの場を借りてご連絡を差し上げる失礼をお許しください。

まずは、秀昌様のご冥福をお祈りいたします。


このたびミゾイさまのツイッターでのつぶやきを拝見し、ぜひ一度、ミゾイさまに取材をさせていただけないかと願っております。

このようなお願いが多く、煩わしいかとは存じますが、ツイッターにて、DMでやりとりさせていただけませんでしょうか。

先ほどツイッターにてフォローをさせていただきました。アカウントは、「@usaorim」でございます。
勝手なお願いで恐縮ですが、お許しいただけるようでしたら、フォローしていただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

投稿: | 2015年10月21日 (水) 16時16分

ミゾイキクコ様

 突然のご連絡、失礼いたします。ツイッターにてミゾイキクコ様のツイートを拝見したものです。ツイッター上での連絡手段を見出せなかったので、ブログにて失礼させていただきました。ウェブ上につき名乗らぬ失礼をお許しください。
 まずはご主人のご冥福をお祈りいたします。

 ミゾイキクコ様のツイートがリツイートにてまわってきたため、読ませていただきました。とても考えさせられました。そのお考えについて思うところがあり、ご連絡させていただきました。

「@kikutomatu: 日本には年上の人は敬わねばいけない様な空気がある。いくら年を重ねても敬えない人はたくさんいる。何年生きたとてそれだけで人間ができるものでは無い。敬えない年寄りを敬う必要はない。敬わねばいけない様な空気に悩まされる若い人が気の毒だ。」

 まず、「人間ができる」といった、いわば「人間性」のような考え方は自己が自己の存在意義と価値とについて思考する際に用いるべき言葉であり、他者を評価する際に使用するべき言葉ではないのではないかと感じました。
 なぜなら、個人の人間性は到底他者が一面をもってして捉えきれるものではなく、また、人間が他者を評価する際は往々にしてその行動を評価しているからです。
 本来なら人間性というものは、その人が歩んだ人生、培った知識、得た経験、それら全てを鑑みて考察された理解でなくてはならないと思います。
 そうでなければ他者に対して閉塞的な態度に陥り、一面的な理解だけからの誤った他者評価につながってしまうと思うからです。
 注意されうる行為は注意されるべきではありますが、それがそのままその人を敬うことをやめる理由にはならないと思います。それだけでその人のすべてを知った気になるのは早計だからです。
 ミゾイキクコ様は他のツイートで、

「@kikutomatu: 初対面で相手がどういう人かわかるはず無いでは無いですか。当たり前でしょうが。」

「@kikutomatu: 敬えない人と言ってるのにそれがわからないらしい。。関わって見てとてもうやまえないとわかったひとのはなしなんですよ。なんなのよ。かってにはなしをつくりかえて。」

「@kikutomatu: @delecour 私はすでに81歳。ツイートをよく読んでくださいね。敬えない年寄りは敬えない。といってるんですよ。勝手に年寄り全部にしないでくださいね。」

「@kikutomatu: @korekara1192 @mutsukuroki 初めから敬えない人と断っているんですが。すでにわかっていりひとのこと。」

と仰っていますが、このことについて、人々が熟考せず、自身の偏った価値観で他者に評価を下し、自身の中で作り上げた他者像を本質と誤解しないか心配です。
 他者との接触は基本的に尊敬から始めないと得られるものも得られないという気がいたします。

 ミゾイキクコ様のお考えと人に接する態度はとても理性的で尊敬に値するものだと思います。
 しかしながら、その一面だけを捉えて、皮相うわすべりの理解で年代論を唱える人々もいるので、それがとても悲しいことだと思いました。
 私は前述(一番上の引用)のツイートよりも次の、

「@kikutomatu: @66ym2406 敬うというよりも経験に敬意を持ち、身体機能の低下に思いやりといったことでわないでしょうか。多くは。真に敬うに値する人もいますが。」

というツイートの方が、社会で生きていく上で大切なことだと思いました。
 しかしながら、現実には一番上のツイートが744リツイート701いいねであり、先ほどのツイートは1リツイート2いいねでした。(12月2日16時現在)
 これは一番上のツイートに対して、いかに人々が「自分たちの思っていることを代弁していて、理解してくれている」と思っているかという証左であると思います。
 しかし、そこには人々が自身の考えの補強として、ミゾイキクコ様の考えを使用している感があり、ミゾイキクコ様の考えをいかに誤らず理解しようかという姿勢が欠けているように見受けられます。
 このことはツイッターのリツイート機能のもつ弊害の一つであり、SNSの恐ろしいことだと思います。
 そのお考えは洗練されて大変意義深いものであるのに、社会と人々によって誤った風潮を生み出すのに利用されてしまうとしたら、とても悲しいことだと思います。
 かく言う私もまわってきたリツイートを見ただけではミゾイキクコ様のお考えに疑問を感じた者の一人でした。

 はたから見るとミゾイキクコ様のツイートがどのように見えるかという一考にしていただければ幸いです。
 社会のあり方に疑問を感じている「若い人」の一人ではありますが、社会の大勢が危うい方向に進んでいるのではないかと感じています。
 ミゾイキクコ様のような理性をもってして、社会のあり方について思案なされている方々が貶められる社会にならないよう、私自身努力したいと思います。

長文失礼しました。ここまで読んでいただきありがとうございます。


22歳大学生

投稿: 22歳大学生 | 2015年12月 2日 (水) 16時13分

ミゾイキクコ様

 先日の投稿についての所見をツイッターにて述べていただき、ありがとうございます。私の見解について不快に思われたこと、深く謝罪いたします。

 私も、自身が付き合いたくない人とは無理して付き合わなくても良いという、ミゾイ様のご意見には賛成であります。
 私自身、軽度のうつ病に悩まされた時期があり(今でも症状がひどくなる時はありますが…)、そのような精神科や心療内科が担当とする症状について関心がありますが、適応障害の治療としては、その原因となっている上司などから距離を置くことが有効な治療方法であると聞いたことがあります。
 そのため、付き合う人を選ぶ、自身が置かれる環境を選ぶ、ということは、正当な自己防衛のための手段であると考えます。

 先日申しました「一面」という言葉は「ある一方からの面」という意味でありまして、どのような面かと申しますと、「わかっている面」と「わからない面」という二つの面のうち、前者「わかっている面」でございます。
 このような考え方におきまして、神ならざる人間は「わからない面」を全て知り尽くすことはできません。そのため、「わかっている面」からの評価を下すしか方法はありません。
 その「わかっている面」における視点は一面的ではなく、多面的であることは可能です。しかしながら、「わからない面」がある以上、その評価が正当であるかは確実ではありません。
 その絶対的に内在する不確実性を自覚する必要があるという趣意での発言でした。つまりはミゾイ様が一面的であるというわけでなく、【人間】である限り【誰もが】一面的にならざるをえないという趣意でした。

 ミゾイ様は長く培われた経験と深い見識によって、「多面的」な視角から考察なさって、付き合うべき人とそうでない人との分け方はかなり信頼できる正当な評価となっているとお察しいたします。
 私のような若輩者ではそのような評価をする際に常に自身の考えに疑義を呈するよう心掛けておりますが、なにぶん浅薄な知識と経験に基づくものであり、どうにもこうにもうまくいきません。
 今後もミゾイ様のツイッター等でのご発言等から多くを学ばせていただこうと思います。

 本件においては不快感を与えてしまったこと、深く反省し謝罪いたします。

 長文失礼しました。ここまで読んでいただきありがとうございます。

22歳大学生
 

投稿: 22歳大学生 | 2015年12月11日 (金) 15時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66024/61968240

この記事へのトラックバック一覧です: 夫の葬儀会場:

« 夫の入院 | トップページ | 久しぶりにブログを始める »